×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しあわせの丘リゾート

公式サイト: http://www.bii.ne.jp/~shiawase/index.htm

今年初のキャンプです。寒がり且つ暑がりのTakeとしましては、GWといえどもまだ寒いのでは…という予感のもと、暖かい房総を初キャンプの場所としたわけです。
本当は今回のキャンプは、3組7人の予定でしたが、一人が風邪でダウン…。そのためカップルの彼女もキャンセル。ウ〜ン残念。
我が家(私・奥さん・甥っ子)とKさんご夫妻とで出発。深夜3時土砂降りの中、Kさんの住んでいる藤沢を出発。予定では、初めて通る海ほたるの上で日の出を見る予定でしたが、もうそんな状態ではない…。とはいえ、初めて通る海ほたるにはちょっぴり期待。ベイブリッジを通過し、羽田の直前で、本線を別れ、アクアラインへ。
真直ぐのトンネルの中は、大雨の早朝と言うことでほとんど車はおらず、外の雨を気にすることなく快調に…。
5分程度でしょうか?海ほたるへ到着。3Fの駐車場に車を停め、外に出た途端、冷たい雨交じりの強風が容赦なく僕らを襲います。4Fにはコンビニやゲームセンターがあったりして、大型のPAのイメージです。(でも、バイト君たちはどうやって出勤してくるんだろう?はたまた、千葉の子が多いのかなぁ、川崎なのかなぁ?)。でも、高速道路のPAのくせにガソリンスタンド等はありませんでした。なぜなのでしょうか?そんなことが気になったのは、そろそろガスがemptyに近づいてきたから…。皆さんもガソリンは早めに入れましょうね(^^ゞ
早々に出発して、千葉に向かいます。ここからは、海上を走るわけです。うねっている黒い海、不気味ですねぇ。その上をひたすら陸地を目指して走ります。木更津北ICで高速を降り、国道409号線、牛久で国道297号線へ…。この頃我車のガソリンメーターはemptyの赤いランプが…。ヤバイ、でもまだ早朝でどのスタンドも閉まっている。唯一の救いは、房総の山の頂きを越したらしく、下り坂が圧倒的に多くなったこと…。アクセルの踏み方が、心なしか少ない(>_<)
冷や汗とはやる心を抑えながら、看板に勝浦の文字を発見。「車よ、あれが勝浦の海だ!」リンドバーグの喜びと同じものを味わった気分!!
どうにか7:30勝浦漁港に到着。農協の駐車場に車を停め、早速朝市へ!冷たい雨の降る中、行った先は「朝市通り」。しかし、しかしお店が何にも出ていない。
理由は簡単でした。月の前半は朝市通り(仲本町)には朝市は出なく、遠見岬神社のある下本町に出店されるとのこと。でも実はこれが分かったのは家に帰ってからのことでした。尚、朝市の地図は勝浦郵便局さんのSiteに載っております。
http://www.fonet.co.jp/YOU-katsuura/index.html から、朝市にジャンプしてください。
雨の中、カッパを着たおばあちゃん、傘を乳母車につけ、その下で小さくなっているおばあちゃん。3ちゃん農業の主役でもあるおばあちゃんたちが、主に野菜や御餅を売っています。勝浦=漁業…魚が一杯、のつもりで行くと、その期待は裏切られます(笑)。
僕たちも、夕食用に野菜とアジとハマグリ、赤貝を買って、朝市を後にしました。駅前で朝食を食べ、キャンプ場へ!!
幸せの丘リゾートは、海(駅)から10分ほど山のほうに入ったところ。僕らが到着した10時頃には、既に受付をしている人でフロントは大騒ぎ…。
いたいた…Siteに載っているオーナーの顔、そして奥様の顔…。奥様に挨拶をすると、Webで申し込んだことの御礼をされました。いえいえこちらこそ、メールで申し込めるなんて手抜きかもしれませんが、とても助かるんです。
僕らは、車2台、テント2梁、タープ1梁、と言う変則的なんです。それを予約の時にお願いしたもので、少し大きめな所を確保してくれました。下の地図の赤印のところです。

F区は5mほど段差がある崖の上ですので、実質2方は隣がいません。また、右隣もキュービックの4区画を借りたグループでの参加ですので、直ぐお隣と言う感覚ではありませんでした。密集した大きなキャンプ場の割に、視線を気にすることなく過ごせたと思います。
雨も小雨になってきたので、タープ、テントと設営。私のタープとK夫妻のテントは、今日が初使用。雨の中おろすのはねぇ…、でもそんな事言っていられません。
設営後は、奥さんのお友達の経営しているレストラン「ビストロ・モナミ」へ。長距離ドライブと雨の中の設営…と言うことで今日は手抜きのフランス料理フルコース。日頃でも食べられない豪華料理を堪能!と言うのもKさん夫妻は、昨年の5月に結婚、丁度結婚1年目の記念でもあったのです。
食後、友だちとだべっている奥さんを残して、僕らはキャンプ場へ。夕食は朝市で買った魚介類を使った料理。アジのたたき、焼きハマグリ、赤貝の刺身、そしてなぜか買ってしまった草もちとお新香。
暗くなり、ランタンに火が入る頃は、寒さが身にしみるように…。慌てて、ファイヤーグリルに炭を入れて暖を取りながら、の夕食でした。
テントの中もまだまだ寒いものの、フリースを着てシュラフにもぐりこみ、今日はZzz…
4日の朝は、打って変わって晴れでした。周囲のテントからは既にみんな起き上がった頃、僕ら(男たち)はやっと起床。体温の下がった体を温めるのはやっぱりお風呂。朝風呂に…。おりしも、キャンプ場主催の「チビッ子 ドジョウのつかみ取り」大会の開催中。いまだ!このチャンスを逃すな!と駆け込んだのですが、早くもドジョウを取って満足したお子様たちが、お風呂を占領していました…(>_<)。
今日は、どこかに遊びに行こうと言うことで、選んだ場所は、海中公園。GWと言うことを忘れていたわけではないのですが、国道128号線に出た途端から、道路は渋りっぱなし…。枕が変わって眠れなかったナイーブな面々は、運転手のK君を除いて、うとうと…。ゴメンね(^^ゞ
お昼近くに到着。海の中から突き出した白い塔に向かって橋が架っています。外房の風が容赦なく吹き、高所恐怖症でなくてもちょっぴり冷や汗もの。そして、塔の中の螺旋階段を下へ下へと下っていきます。途中、ここより下は海中、の看板。そしてその下は、まるで潜水艦のような小さな楕円形の窓がたくさんついています。餌付けをしているせいか、たくさんの魚が泳いでいます。中にはフグやウツボまで…。
水族館と違い本物の海の中、と言うことでちょっぴり満足した公園でした。
さて、キャンプ場に戻り、今日はKくんが楽しみにしていたブロック肉!!炭をおこしてから置きにした所に、2本の串に刺した大きな肉の塊が3つ!!。じっくりと遠赤外線の炭火で焼いた肉は、まるでローストビーフ!飲み物は、黒とラガーのハーフ&ハーフ。
至福の時でした。

いよいよ退去。晴天ですが、結露した雫がタープやテントにびっしょり!!片付けは以外に大変です。
そしてそれにもまして大変なのは、大渋滞。上総湊から浜金谷(でも、フェリーは意外とすいていた)と、逗子から江ノ島までは大渋滞。6時間かけての帰宅でした。